編集先http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1441322562/


    1: フランケンシュタイナー(東日本)@\(^o^)/ 2015/09/04(金) 08:22:42.26 ID:vbLzZDak0.net BE:837857943-PLT(12000) ポイント特典
    sssp://img.2ch.sc/ico/u_giko_ebi.gif
    かつて超常現象といえば幽霊の目撃談が主役だった。しかしここ最近は、各地で観測される“謎の自然現象”、
    それも“動物の大量死”が目立ってきているというのだ。

    日本を代表するオカルティストのひとりで、日本ダウザー協会の堤裕司氏が語る。

    今年4月、茨城県鉾田市の海岸で大量のイルカが座礁死したという報道があったが、「現在、世界中で動物大量死がかつてない
    頻度で起こっている」と堤氏は言う。

    「海鳥、イルカ、ペリカンなど、ありとあらゆる動物種が大量死しています。アメリカのオレゴン州ではヒトデがほぼ全滅状態です。

    これを受け、イギリスの科学誌『ネイチャー・コミュニケーションズ』は“地球は今、6600万年前に隕石の激突で恐竜が
    絶滅した時以来の大量絶滅期を迎えている可能性がある”とまで指摘しているほどです」

    原因は一体……?

    「公害や環境破壊の深刻化も無関係ではないでしょう。5月に起きたカリフォルニア沖の原油流出事故などが
    動物大量死の遠因になっている可能性もあります。しかし、それだけでは説明できない。

    私はポールシフト(磁極移動)の影響があるのではないかとみています。地球の磁極(N極とS極)は数万年に一度、
    100年から200年という時間をかけて少しずつ移動し、最終的に入れ替わるという現象を繰り返しています。
    実は今がちょうどその移行期にあたり、N極は北極点より少しシベリア寄りの地点に移動しているんです。

    渡り鳥やイルカなどの動物は、体内のマグネタイト(磁極感知細胞)を頼りに航行するため、磁極が移動すれば方角を誤り、
    本来の目的地に到達する前に力尽きて、大量死に至る可能性があります」

    頻発する動物大量死は、私たちに地球の異変を伝えるシグナルなのかもしれない。

    http://www.excite.co.jp/News/column_g/20150904/Shueishapn_20150904_53032.html
    日本を代表するオカルティストのひとりで、日本ダウザー協会の堤裕司氏
    no title

    【世界各地で動物の大量死が頻発、地球の磁極逆転が起きる予兆か…】の続きを読む

    編集先http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1441198749/


    1: ドラゴンスクリュー(庭)@\(^o^)/ 2015/09/02(水) 21:59:09.59 ID:jiCR5uAA0.net BE:235429164-2BP(5000)
    sssp://img.2ch.sc/ico/nida.gif
    共産党新たな「自衛隊内部文書」


     安保法案の国会審議では、共産党が新たに自衛隊の内部文書だとする資料を明らかにし、
    自衛隊トップの統合幕僚長がアメリカを訪問した際の発言について、中谷大臣の見解を質しました。

     「河野統合幕僚長は昨年12月に訪米を致しまして、ガイドライン見直しの進捗状況など、
    さまざまなテーマについて意見交換を行いましたが、新ガイドラインや平和安全法制の
    内容を先取りするような会談を行ったという事実はなく・・・」(中谷元 防衛相)

     「私の手元に独自に入手をいたしました統幕長訪米時の会談の結果概要を報告する、
    防衛計画部の文書がございます」(共産党 仁比聡平議員)

     共産党の仁比議員は、去年12月、衆院選の直後に河野統幕長がアメリカを訪問し、
    陸軍参謀長と会談した際の会談内容に関する自衛隊の内部文書だとする資料を示しました。

     そして、会談の中で河野統幕長が安保法制の見通しについてアメリカ側から聞かれた際に、
    「衆院選での与党の勝利により、来年夏までには終了するものと考えている」と述べたことを指摘し、
    「法案の具体的検討も与党協議もしていないはずの昨年12月に『来年夏まで』と決まっていたのか、
    そんな認識を米軍に伝えたのか」と質しました。

     これに対し中谷大臣は、「資料がいかなるものか承知していないのでコメントできない」と述べるにとどめました。
     共産党が入手した自衛隊の内部文書をめぐっては、これまでにも法案成立を見越した部隊運用の
    想定などが問題となり、「法案の先取り」や「国会軽視」との批判を受けています。(02日18:45)
    http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2578060.html

    安保法案「統幕長が成立見通し」 昨年末、米軍幹部に伝達と共産
    http://www.nishinippon.co.jp/nnp/politics/article/192700

    【【悲報】防衛省の内部情報が共産党にダダ漏れ これじゃ有事の時も敵国に情報筒抜けだよね】の続きを読む

    編集先http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1441187582/


    1: チェーン攻撃(茸)@\(^o^)/ 2015/09/02(水) 18:53:02.01 ID:Gv3r1uJF0.net BE:882533725-PLT(14141) ポイント特典
    sssp://img.2ch.sc/ico/anime_jyorujyu01.gif
    抗日70年行事 中国が人民解放軍を改編へ 習氏、行事後に改革案発表と米通信社 日米にとって脅威に

    産経新聞 9月2日(水)18時13分配信

     【ワシントン=加納宏幸】米通信社ブルームバーグは1日、中国の習近平国家主席が今月、陸海空軍と第2砲兵(戦略ミサイル部隊)を統合運用する統合作戦司令部の新設や国内7大軍区を4つ程度に減らすことを柱とする人民解放軍の機構改革案を発表すると報じた。
    海・空軍の戦力を重視し、習氏が目指す現代戦に勝利する能力を実現する狙いがあるという。

     3日に北京で開かれる「抗日戦争勝利70周年記念行事」の後に、習氏が改革案を発表すると伝えた。

     同通信によると、統合作戦司令部は米軍をモデルに、全国レベルと地域レベルに設置。7大軍区を合理化し、陸軍主体だった兵力の比重を海・空軍に移し、戦力を遠方に投射する能力を高める。
    人民解放軍の補給を担当する総後勤部と、武器の開発や調達を担当する総装備部の統合も検討されているという。

     記事は機構改革により「中国が陸上配備の軍を海岸線から遠方に戦力を投射できる軍に転換することに資する」と指摘した。
    今回の人民解放軍の機構改革には、尖閣諸島(沖縄県石垣市)を含む東シナ海や中国が人工島の造成で軍事拠点化を進める南シナ海への中国軍の進出を図る狙いもあるとみられる。

     海洋における中国の戦闘能力向上は日米にとって脅威になる。オバマ米大統領は今月、ワシントンで予定する習氏との首脳会談で中国の海洋進出に懸念を表明することなどを通じ、中国の動きを牽制する構えだ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150902-00000545-san-n_ame

    【【中国】軍を大幅改革、陸軍主体から空海軍へ比重を移す…日米にとって重大な驚異に】の続きを読む

    編集先http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1441119353/



    1: 丸井みどりの山手線 ★ 2015/09/01(火) 23:55:53.69 ID:???*.net
    9月1日 22時32分
    中国の中央銀行「中国人民銀行」は、国内で営業している銀行が通貨・人民元を売る為替の予約の注文を受けた場合、元本の20%を中央銀行に納めさせるとした通達を出したことが分かり、
    政府として人民元のこれ以上の値下がりを食い止めたいねらいがあるとみられます。

    複数の外資系銀行の関係者によりますと、中国人民銀行は1日までに、通貨・人民元の為替予約の取り引きに関する新たな通達を中国で営業している各銀行に出しました。
    通達では、銀行が客から人民元を売って外貨を買う為替の予約の注文を受けた場合、元本の20%を準備金として中央銀行の口座にドル建てで納めさせるとしています。預けた金は1年間、引き出すことができず、利息はつかないということです。
    銀行側では、人民元を売りたい客に対し追加の費用を負担してもらう必要があり、手数料が高くなることから、今後はこれまでより元売りの注文が減るとみています。
    上海の外国為替市場では、先月11日に中国政府が1日の取り引きの目安となる基準値の決め方を変更し、ドルに対して2%近くレートを切り下げたあと、投資家の間に中国経済のさらなる減速に対する懸念などが広がり、人民元が売られやすい相場となっていました。
    人民元の下落は、資金の海外への流出を加速させ、政府が目指す人民元の国際化にも影響を及ぼしかねないことから、中国政府としては
    今回の通達により人民元の値下がりを食い止めたいねらいがあるとみられます。

    引用元:http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150901/k10010212851000.html

    【【国際】中国 人民元の為替予約で新たな通達】の続きを読む
    Powered by amaprop.net

    このページのトップヘ