アメリカ

    編集先http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1433385148/




    1: 荒波φ ★@\(^o^)/ 2015/06/04(木) 11:32:28.09 ID:???.net
    南シナ海で中国が領有権を主張し、埋め立てを進めていることについて、
    アメリカ政府は、韓国に対し、積極的な立場表明を求めました。

    アメリカ国務省のラッセル東アジア太平洋担当次官補は3日、ワシントンで開かれたセミナーで、
    「韓国は、国際秩序の主な利害関係者であり、国際社会の枠組みのなかで繁栄してきた国だ」としたうえで、
    南シナ海をめぐる領有権紛争に関連し、「声を高めなければならない」と述べました。

    また、ラッセル次官補は、
    「韓国が領有権紛争の利害当事者でないということが、声を高めなければならない多くの理由を提供している。
    自国の利益のためではなく、普遍的原則と法治のために声を出すことになるからだ」と強調しました。

    アメリカが南シナ海をめぐる問題と関連し、韓国政府の立場表明を求めたのは初めてです。

    ラッセル次官補は、北韓の核問題については、「現在、対話を拒否しているのはアメリカではなく北韓だ。
    対話再開のためには、北韓が非核化に向けた意志を示す必要がある」と述べました。

    そのうえで、
    「北韓が、国連安保理決議と北韓の核問題をめぐる6か国協議の合意に違反し、核とミサイルの開発を続けているため、
    アメリカは、状況に合わせて、軍事的抑止と圧迫、外交政策を並行していく」と強調しました。


    2015-06-04 11:00:06
    http://world.kbs.co.kr/japanese/news/news_In_detail.htm?No=54990&id=In

    【【韓国悲報】南シナ海めぐる紛争 米国が韓国に立場表明を要求】の続きを読む

    編集先http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1433486520/



    1: ラ ケブラーダ(岐阜県)@\(^o^)/ 2015/06/05(金) 15:42:00.95 ID:FZZZLAMB0.net BE:723460949-PLT(13000) ポイント特典
    sssp://img.2ch.sc/ico/ii.gif
    【連合時論】米国の度重なる「選択圧迫」健康的な同盟に有害

    (前略)ラッセル次官補は「米国と同様に、韓国がこの領有権紛争の当事者ではないので、客観的な
    立場からの声を高めなければならない」と述べたという。しかし、逆に、直接の当事者でも
    ないのに、国際領土紛争事案に声を上げるのはむしろ外交的慣例を超えるものではないだろうか。
    特に紛争の一方の中国は、私たちの最大の貿易相手国である。大韓民国の国益を考慮すると、
    可能な限り客観的な立場から一歩離れているほか、私たちが取る選択肢はあまりない。韓国政府は、
    南シナ海問題と関連して、地域の平和と安定が最も重要であると強調しながらも航行の自由を
    支持するという立場を何度も表明している。これは、南シナ海の現状維持を望む米国の意味と
    大きく異なるところがない。それでも、米国側があえて公に韓国政府がどちらに立つか明確に
    示すように要求することは、韓中戦略的パートナー関係と韓米同盟は両立することができない
    ことを意味なのかされて問わざるを得ない。

    これまで中国に関連する問題で韓米は可能な限り言及を自制する成熟した姿を見せてきた。
    両国がそれぞれの独自の国益を尊重するという次元であったろう。しかし、最近訪韓したジョン・
    ケリー国務長官をはじめ、米国高官の相次ぐ高々度ミサイル防衛システムの導入に関連する発言に
    続き、今回の南シナ海選択を促すには、ただでさえ困窮した私たちの外交的立場をさらに萎縮させる
    ことができるという点で、憂慮の恐れがあることこの上ない。
    一部では、ラッセル次官補の発言が朴槿恵大統領の訪米を控えて開かれセミナーで出てきた
    という点で、今回の訪米時に、この問題が正式に取り上げられていることはないかという観測まで
    出ている。米国の選択の圧迫は「韓中密着」に対する疑問から始まったと思われる。しかし、
    「韓国が米国より中国とより近く、決定的瞬間で中国の肩を持つことになる」と、韓米間の離間を
    行ったのは、まさに日本であったことを米国政府関係者は、よく知っているだろう。その後、
    日本の高度計算された外交策略から始まった疑問を根拠に韓国政府を圧迫することが、信頼を基盤と
    した韓米同盟に得になるのか、害になるかをアメリカ政府は悩んで判断しなければならないだろう。
    (ソースは>>2)

    【【サヨク速報】韓国紙「米国が韓国に踏絵を突きつけるのは日本の離間の計のよるもの。米国はよくよく考えろ」】の続きを読む

    編集先http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1433036341/



    1: なまはげ87度 ★@\(^o^)/ 2015/05/31(日) 10:39:01.00 ID:???.net
    ロシアの「地政学問題アカデミー」のシヴコフ代表は、中国の新たな軍事学説は国防政策の重点的な方向を徹底的に変更し、海軍の世界の海洋への進出、空軍の活動範囲の拡大を認めたばかりか、核抑止力という新たな要素を形成することが可能だと指摘した。
    ロシアメディアが5月26日に伝えた。
    中国政府は26日に国防白書「中国の軍事戦略」を発表し、中国人民解放軍の戦略と任務を拡大し、「近海防御型から近海防御・遠洋護衛型への漸次的変化」、「国土防空型から攻防兼備型への変化」により、「中長距離精密攻撃能力」を強化することを計画した。
    中国の大陸間弾道ミサイル、米国を攻撃可能
    シヴコフ氏は、中国はミサイル部隊と砲兵の任務を更新したが、これは中国の大陸間弾道ミサイルの発展に向けた決意を裏付けており、米国に対して抑止力を形成すると判断した。
    シヴコフ氏は、「中国のかつての軍事学説は、主に5000キロ以内の射程距離を重視していた。
    露中の地中海における合同演習は、中国の近海から遠洋に向かう海軍政策の今後の発展に、重大な影響を及ぼした」と強調した。
    シヴコフ氏は、「明らかに、中国は積極的に海軍のパワーをその他の地域に向かわせようとしている。
    中国とロシアが地中海で実施した合同演習は、これに対しても一定の影響を及ぼした」と話し、「実践において、中国の新たな海軍戦略は、中国の艦隊が近い将来、世界の海洋で積極的に活動を展開することを意味する」と補った。
    空の優位
    シヴコフ氏によると、世界トップクラスの規模を持つ中国空軍は、攻撃の展開を可能とするため準備を整えている。
    ロシアから航空設備を購入する一方で、既存の軍機を改造している。
    シヴコフ氏は、「これまで本土の防御に重点が置かれていたが、中国は積極的で攻撃的な空の活動を計画している。
    中国の戦闘機数は約5000機もある。これほど多くの戦闘機を保有する国は他にない。例え米国であってもだ」と分析した。
    シヴコフ氏は、「とは言え、中国空軍の攻撃能力はそれほど高くない。この問題を克服するため、中国は遠距離戦闘機の発展を急ピッチで進めており、例えばロシアのSu-27やSu-30の独自の研究開発を進めている」と語った。
    シヴコフ氏は、「中国は遠距離巡航ミサイルを発射できる軍機の製造を進めている。
    例えば中国軍で就役中のロシアのTu-16は、射程距離1500キロ以内の巡航ミサイルの発射のため改造されたものだ。
    こうすることで、中国は国境線から400?500キロ内で、空の効果的な攻撃能力を手にすることができる」と指摘した。
    ロシアの武器は「鬼に金棒」
    シヴコフ氏によると、中国が指導部の軍隊設立の目標を実現するためには、軍隊の現代化を急ピッチで進める必要がある。そのためには、ロシアの武器装備が不可欠だ。
    シヴコフ氏は、「中国軍の任務範囲が拡大されており、ロシアの武器調達の将来性が高い。
    中国には今のところ、他に軍隊を急速に発展させる方法がないからだ。中国はまだ燃費性能の高い航空機用エンジンを持たず、長距離の軍機を製造することができない」と述べた。
    http://japanese.china.org.cn/politics/txt/2015-05/31/content_35692698.htm
    http://japanese.china.org.cn/politics/txt/2015-05/31/content_35692698_2.htm

    【【中国】戦闘機保有数は5000機、米国を上回る=露専門家】の続きを読む

    編集先http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1433036391/



    1: エクスプロイダー(大阪府)@\(^o^)/ 2015/05/31(日) 10:39:51.44 ID:DUGxwnkT0.net BE:711292139-PLT(13121) ポイント特典
    sssp://img.2ch.sc/ico/chibi_c.gif
     中国のポータルサイト新浪網は28日、台湾を巡って米中が軍事衝突した際のシミュレーション記事を掲載した。制空権を確保するため、中国はまず沖縄の嘉手納基地をミサイル攻撃すると主張。
    米軍戦闘機は行動の制約が極めて大きくなり、人海戦術ならぬ「機海戦術」に直面するという。

     記事は「台湾海峡有事」が発生し、中国側は戦闘機としてロシア製「Su-27」、米軍側は「F-22」を投入すると想定した。

     そして台湾海峡から500海里の範囲内で、中国は27カ所の飛行場から作戦機を飛ばすことができが、米軍には中国大陸部から460海里離れた沖縄の嘉手納基地しかないと指摘。
    中国はさまざまなミサイルで攻撃をするので「嘉手納の米空軍基地が生き残ることは不能」と主張した。

     「空の戦い」は昔も今も、「空戦」に持ち込む以前に、相手側が航空機を発進させる前に飛行場を使用不能にするのが、最もよい戦い方とされている。
    かつてはまず、滑走路を狙った。しかし記事は、「現在の戦い」の場合、ミサイルは基地の主要施設を破壊すると指摘した。

     米軍は制空権を回復するためにアンダーセン空軍基地からF-22を出動させる。空中給油を繰り返しながら、グアムに着陸。
    F-22を含め地上基地から出撃する米軍機は空中給油を重ねながら台湾海峡に向かうことになる。

     記事は、嘉手納基地を失った場合、中国側は1日に延べ1300機を出撃させられるのに対し、米軍側は138機に減少するとの見方を紹介。

     米国で行われたシミュレーションでは、中国側はSu-27を72機、米軍はF-22を6機出動させ、さらに双方とも警戒機や無人機も飛ばすと想定されたという。
    戦闘機だけを見ても、中国側は機数に物を言わせる人海戦術ならぬ「機海戦術」だ。

     F-22はSu-27を次々に撃墜する。F-22の被害はゼロ。ところが戦闘が経過すると、中国側のミサイルが米軍側の給油機などに命中しはじめる。
    戦闘で圧倒的な強さを示したF-22もミサイルなどで攻撃手段を失う。

     F-22は戦闘空域を「無傷で離脱」することができるが、米軍側が改めて空中給油機を派遣できなければグアム島の基地にたどりつくことができなくなり、「海に落ちざるをえない」結果になる。

    http://news.searchina.net/id/1575926

    【中国メディア「台湾有事で米中軍事衝突をシミュレートしてみたら中国軍の圧勝。米軍恐るるに足らず」】の続きを読む

    編集先http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1432800304/



    1: 超竜ボム(dion軍)@\(^o^)/ 2015/05/28(木) 17:05:04.96 ID:xFkdGrjv0.net BE:448218991-PLT(13145) ポイント特典
    sssp://img.2ch.sc/ico/zuzagiko48.gif
    米、南シナ海巡り中国牽制 「埋め立て即時停止を」
    ワシントン=杉山正
    2015年5月28日16時58分
     カーター米国防長官は27日、南シナ海の南沙(スプラトリー)諸島で岩礁の埋め立てを
    活発化させている中国を念頭に「すべての国に対し、即時かつ永続的な埋め立ての停止を望む」
    と述べた。この問題に懸念を表明してきた米側が、埋め立ての停止を明確に求める発言に
    踏み込み、中国を強く牽制(けんせい)した形だ。

     カーター氏は27日、ハワイで行われた太平洋軍の司令官の交代式で演説。中国が、
    国際規範や地域の安全保障環境を阻害していると指摘し、「中国の行動は周辺国を
    新たな形で結束させた。これらの国はアジア太平洋地域への米国の関与を強く求めている」
    とも述べた。

     埋め立ては、比較的小規模ながら台湾やベトナムも行っているが、中国は昨年から
    急ピッチに埋め立てを進めており、造成した人工島に3千メートル級の滑走路の原型も
    完成させた。米国は、中国が将来、こうした設備を軍事利用する可能性もあるとみており、
    ケリー米国務長官は今月の訪中時に「埋め立ての速度と範囲について懸念している」と発言。
    中国に緊張緩和に向けた行動を求めていた。
    http://www.asahi.com/articles/ASH5X22MRH5XUHBI00C.html?iref=com_alist_6_02

    【アメリカ「おい中国、埋め立てすぐにヤメロ」】の続きを読む

    編集先http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1432622929/



    1: 閃光妖術(静岡県)@\(^o^)/ 2015/05/26(火) 15:48:49.09 ID:bILpF5E30.net BE:218927532-PLT(12121) ポイント特典
    sssp://img.2ch.sc/ico/nida.gif
    中国が南シナ海の大半で領有権を主張し、人工島の建設などを進めているのを受け、
    フィリピンのガズミン国防相は25日、米国に対して同盟国支援のための「より強い関与」を要請する考えを示した。
    同相はハワイでカーター米国防長官と27日に会談する際に、米国の関与を強化するよう求めると語った。

    マニラ南方にある海軍基地で記者団に対し「米国側にわれわれへの支援の範囲や、支援のために何ができるのかを問いたい。
    われわれは今まさに抑圧を受けているのだから」と述べた。
    さらに「西フィリピン海(=南シナ海)で起きている状況を懸念している。航海の自由、飛行の自由が阻害され、
    国際領域を飛行する米国の航空機でさえ見とがめられる」と指摘した。

    ある軍高官はロイターに対し、同相が米政府に中古の飛行機や船舶、沿岸レーダーシステムの提供を求めるだろうと述べた。
    年間5兆ドルの貨物の海上交通路となっている南シナ海では、フィリピンやベトナム、マレーシア、台湾、ブルネイと
    中国の間の領有権争いが深刻化している。

    中国は、米偵察機が先週、この海域の上空を飛行したことに不満を表明しており、この外交摩擦で米中間の緊張はいっそう高まっている。

    http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0OB09A20150526

    【フィリピン「米国さん助けてー!このままじゃ中国にやられちゃうの!」 米国「(さてどうするか…)」】の続きを読む

    編集先http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1432386123/



    1: ひろし ★ 2015/05/23(土) 22:02:03.76 ID:???*.net
    米中央情報局(CIA)のマイケル・モレル前副長官はCNNの取材で、
    「中国と米国は戦争になる」との考えを示した。22日付で聯合早報網が伝えた。

    モレル氏は「中国の南シナ海での埋め立て行為が、米国の盟友に緊張を与えている。
    このようなにらみ合いは、中国と米国の未来に『絶対的』な開戦リスクをもたらす」と語った。

    中国の軍事力は近年、著しい発展を遂げており、米国のアジア太平洋地域における支配的地位を脅かしている。
    これについて、モレル氏は「中国の勢いが続けば、中国と米国は開戦に至るだろう。
    米国が譲るのか?彼らが進撃してくるのか?次期大統領が直面することになる重要な問題だ」と指摘した。

    (編集翻訳 小豆沢紀子)
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150523-00000021-xinhua-cn

    【【国際】CIA前副長官、「中国と米国は戦争になる」―シンガポール華字紙】の続きを読む

    このページのトップヘ