スマホ

    編集先http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1436019187/


    1: キングコングニードロップ(愛知県)@\(^o^)/ 2015/07/04(土) 23:13:07.15 ID:xeMcJLAU0●.net BE:375451933-2BP(2000)
    sssp://img.2ch.sc/ico/araebi.gif
    中国Xiaomi(小米科技)は7月2日(現地時間)、公式Twitterアカウントで、2015年上半期のスマートフォン販売台数が前年同期比33%増の3470万台だったとツイートした。


     同社の2014年通年の販売台数は前年比227%増の6112万台だった。


     米Appleの2015年第1四半期(1~3月)のスマートフォン(iPhone)の販売台数は6117万台だった。

     米調査会社IDCによると、中国における第1四半期(1~3月)のメーカー別スマートフォン市場シェアで、AppleがXiaomiから首位を奪った。

     Xiaomiは現在、中国の他にインド、マレーシア、タイ、ベトナム、フィリピン、ブラジルでスマートフォンを販売している。

     6月に北米と欧州の一部地域でオンラインショップを開設したが、まだスマートフォンは販売していない。

    http://www.itmedia.co.jp/enterprise/spv/1507/03/news066.html
    no title

    【中国Xiaomi(シャオミ)のスマホが売れまくり】の続きを読む

    編集先http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1434317449/



    1: 日本茶 ★ 2015/06/15(月) 06:30:49.21 ID:???*.net
     ケータイショップや家電量販店の店頭に、今日も「一括ゼロ円」「実質
    ゼロ円」という文字が躍っている。消費者としては、高価なはずの
    スマートフォンやタブレット端末がタダで手に入るというのだから
    うれしい話だ。その結果、日本は世界で最もiPhoneのシェアが高い国に
    なっている。情報通信分野に詳しい野村総合研究所上席コンサルタントの
    北俊一さんが、「実質ゼロ円」の仕組みを解説する。

     ◇新型iPhoneを買わせる「実質ゼロ円」という仕組み
    (中略)「実質ゼロ円」は端末本体価格の24分の1の金額が24カ月間、
    毎月の通信料金から割り引かれ、24カ月後には本体の負担金が実質的に
    ゼロ円になるという仕組みだ。端末を一括購入しても、割賦を組んでも
    変わらない。

     この割引制度は「月々サポート」(ドコモ)、「毎月割」(au)、
    「月月割」(ソフトバンク)という名称で提供されているが、恐らく
    日本にしかない制度だ。少なくとも24カ月以上同じ端末と回線を使い
    続ける人にとっては、とてもありがたく、太っ腹な制度だと言える。

     ちなみに、日本はiPhoneのシェアが最も高い国である。その要因の
    一つがこの「実質ゼロ円」販売にある。一番下のグレードの新型iPhoneが
    「実質ゼロ円」で手に入ってしまうからだ。

     ◇途中解約すると残金と違約金を請求される
     例えば、「iPhone6」の16GBモデルは、日本では発売当初から
    3事業者ともに「実質ゼロ円」に設定されている。Appleのお膝元の
    米国でさえ、2年契約の場合、購入時に端末代金として200ドル程度を
    負担しなければならないため、より安いAndroid端末を選択する消費者が
    多くなる。

     この太っ腹な「実質ゼロ円」販売も、当然のことながら、回線契約を
    24カ月以内に解約すれば、月々の割引がその時点で終了し、負担金が
    発生する。

     特に、端末本体を一括購入ではなく、割賦で購入した場合は、割賦代金
    の残債(残金)が請求されることになる。つまり、隠れていた“負債”が
    突然表面化するのだ。
    (中略)

     ◇61日以上滞納するとブラックリストに
     割賦については、さらに注意すべきことがある。携帯電話の割賦販売が
    浸透して以降、「クレジットカードの審査が通らなかった」「クルマや
    家のローンが組めなかった」といったトラブルが増えている点だ。携帯
    電話を割賦で購入した人が、月々の支払いを滞納すると、個人の信用情報、
    いわゆるクレジットヒストリーに傷が付くからである。
    (中略)

     ◇「実質ゼロ円」ほど高いものはない
     2013年1月には、政府広報オンラインで「携帯端末代を分割で
    支払っている場合の滞納にご注意ください。あなたの信用情報に傷がつく
    おそれがあります」という注意喚起がなされている。そこには、携帯電話
    のクレジット契約が12年12月時点で約6300万件あり、このうち
    約200万件が滞納されているという驚くべき数字が示されている。

     たかがスマートフォン、と甘く見ることなかれ。スマ-フォンを割賦で
    購入するということは、たとえ「実質ゼロ円」であってもローンを組む
    のと同じことである。「実質ゼロ円」をタダだと勘違いしていると、
    痛い目にあうので、皆さん十分にご注意を。

    <携帯端末代>「実質ゼロ円」の落とし穴 滞納年200万件 (毎日新聞) - Yahoo!ニュース
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150614-00000007-mai-bus_all

    【【経済】滞納年200万件、携帯端末「実質ゼロ円」の落とし穴 日本のiPhoneシェアが高いワケ】の続きを読む

    編集先http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1431206176/



    1: ジャンピングパワーボム(東日本)@\(^o^)/ 2015/05/10(日) 06:16:16.68 ID:Sf+MKh4E0.net BE:837857943-PLT(12000) ポイント特典
    sssp://img.2ch.sc/ico/u_giko_ebi.gif
    Apple製品のコンセプトデザインを数多く手掛けるMartin Hajek氏が、2016年以降に発売が
    予想されるiPhone7のコンセプトデザインを公開していますので、ご紹介します。

    画面の一部にホームボタンが埋め込まれたデザイン
    これまでも、iPhone7のコンセプトデザインは多数公開されてきましたが、今回は外観が
    iPhone6に近く、画面の一部にホームボタンが埋め込まれている点が特徴となります。

    http://iphone-mania.jp/news-71107/
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    【iPhone 7のコンセプトデザイン公開 画面の一部にホームボタン】の続きを読む

    編集先http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1430808113/



    1: 男色ドライバー(大阪府)@\(^o^)/ 2015/05/05(火) 15:41:53.06 ID:2cv/Iw0E0.net BE:711292139-PLT(13121) ポイント特典
    sssp://img.2ch.sc/ico/chibi_c.gif
     中国メディアの頭条前瞻は4月29日、中国のITアナリストがこのほど簡易投稿サイト・微博(ウェイボー)上で、中国のスマホ市場に異変が起きる可能性があるとつぶやき、
    「ソニーのスマホ用イメージセンサの供給が追いつかず、中国メーカーのスマホも生産が遅れる可能性がある」とつぶやいたことを紹介した。

     記事は、同アナリストが、ソニーのスマホ用イメージセンサは「ほとんどアップルに買われているらしい」と伝え、アップルが2015年下半期に新製品を発売する可能性があることを指摘したうえで、
    「中国スマホメーカーにとっては部品が手に入りにくいうえ、新しい競合機種が登場するとなってはまさに泣きっ面に蜂だ」と論じた。

     そのほか、別の関係者の話として、「ソニーのイメージセンサが不足しているのは、アップルだけでなく、サムスンの『GALAXY S6』にも搭載されているため」と報じ、
    アップルとサムスンというスマホ業界の2大勢力にソニーのイメージセンサが使用されていることを紹介。

     その一方で、ソニーのイメージセンサの供給が追いつかず、中国メーカーが調達できずに困っているとし、「仮に、アップルとサムスンが買い占めたことでソニーのイメージセンサが手に入らないとすれば、
    中国メーカーにとっての打撃は極めて大きい」と伝え、中国メーカーとアップル、サムスンのサプライチェーン・マネジメントの力の差も大きいことを示すものだと指摘した。

     さらに記事は、ソニーのイメージセンサが「各スマホメーカーにとってどれだけ重要な部品か分かるだろう」と指摘したうえで、「iPhone 6ですら使用されている部品の33.9%が日本製品であり、国別でトップ」と紹介。
    強大なアップルですら「日本製品」への依存から脱却することは無理だとしたうえで、「中国人が日本製品の不買を叫んだところで到底不可能であり、ただの夢にすぎない」とし、
    日本製品の不買など非現実的であり、もはや不要なことですらあると報じた。(編集担当:村山健二)

    http://news.searchina.net/id/1572358

    【ソニーのイメージセンサー、Appleとサムスンが買い占めて中国メーカー悲鳴 「端末生産遅れる…」】の続きを読む

    このページのトップヘ