外交

    編集先http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1432405906/



    1: ジャンピングパワーボム(和歌山県)@\(^o^)/ 2015/05/24(日) 03:31:46.98 ID:qVXO93L70.net BE:633888355-PLT(15000) ポイント特典
    sssp://img.2ch.sc/ico/zusagiko.gif
    限界寸前の朴政権 米国がTHAAD配備めぐり猛圧力 外務省パニック情報も…

    夕刊フジ 5月23日(土)16時56分配信

     韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領が、崖っぷち寸前にいる。6月に予定している訪米で、オバマ大統領率いる米政府から弾道ミサイル迎撃システム「高高度防衛ミサイル」
    (THAAD)の韓国配備を迫られる可能性が高まってきたのだ。経済で依存する中国の強硬な反対に配慮して、決断を先送りにしてきた韓国だが、ついに「二股外交」は
    限界を迎えるのか。

     「北朝鮮の挑発に備えねばならない。THAADなどについてわれわれが話す理由だ」

     ケリー米国務長官は18日、ソウルの在韓米軍基地で突然こう語った。直前に行われた尹炳世(ユン・ビョンセ)外相との米韓外相会談では、THAADについては
    取り上げられなかったため、韓国外務省はパニック状態になったという。

     続いて、米国務省のローズ次官補が19日、ワシントンで開催された討論会で、「米国は、韓半島にTHAADの永久配備を考えている」と発言した。米統合参謀本部の
    ウィニフェルド次長も同日、ワシントンでのセミナーで、「米国は、北朝鮮の脅威のため、韓国と在韓米軍の防衛力増強に向けてTHAADを使う可能性に関心を持っている」と
    語ったのだ。いずれも、東亜日報(日本語版)が21日報じた。

     THAADとは、米国が韓国での配備を目指す、ミサイル防衛(MD)システムの中核だ。海上配備型迎撃ミサイル(SM3)が大気圏外で敵弾道ミサイルを撃ち漏らした場合、
    最新鋭の地上配備型迎撃システムであるTHAADが大気圏内の高高度で撃ち落とすという。

     迎撃ミサイルとともに、敵のミサイル発射を早期探知する高性能レーダーの配備も必要となる。このレーダーが配備されると中国国内のミサイル基地の動向が丸裸になるため、
    中国は猛烈に反対してきた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150523-00000020-ykf-int&pos=4

    【韓国外務省「もう無理」】の続きを読む

    編集先http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1430809154/



    1: レッドインク(岐阜県)@\(^o^)/ 2015/05/05(火) 15:59:14.05 ID:2vgnOSzb0.net BE:723460949-PLT(13000) ポイント特典
    sssp://img.2ch.sc/ico/ii.gif
    【噴水台】本当の外交とはこういうもの=韓国

     かなり前、娘が小学生の時の話だ。長く暮らした米ロサンゼルス近郊の小さな家には、
    家と家の間に塀がなかった。80歳以上の一人暮らしの隣のおばあさんから焼きたての
    パンや熟したイチジクをもらって食べるなど親しく過ごした。おばあさんが健康かどうか
    私はいつも見ていたし、何かあれば私の家の窓をたたくように伝えていた。
     ある日、裏庭で子どもと子犬と遊んでいる時、おばあさんが玄関のベルを押した。塀も
    ない家。そのまま裏庭に来てもかまわないが、あえて玄関まで来て彼女が渡したものは
    ビニール袋に入った子犬の排泄物。子犬の世話をきちんとしろということだ。正しい言葉だが、
    当惑した。言葉で言えばいいものを、ビニールにそれを入れてくるとは。その時に初めて
    知った。いくら親しくても米国の人たちは必要に応じて急変することもあるということを。
    人と人、あるいは国と国。お互い親しく過ごすには相手の特性を先に把握することが重要だ。

     先日、オバマ大統領と安倍首相の両首脳が会う場面。「友情誇示、称賛リレー、国賓待遇、
    そしてお世辞…」。終始、憂うつだった。韓国ともっと親しいと思っていた米国。それは
    錯覚だった。自分たちだけが孤独になった気分。その日、慰安婦問題は両首脳の間でイシュー
    にもならなかった。(中略)
     借金だらけの債務者に「お金を返さなければ対話をしない」と会うたびに催促すれば、お金も
    受けられず死ぬまで敵になる。相手を先に分析し、それに合わせて対応してこそ、お金も返って
    くる。日本に接するたびに慰安婦問題を先に突きつけてきた従来の外交方式を今からでも少し
    変えてみよう。一日も早く解決するべき重要なイシューであるのは確かだが、ひとまず背中の
    後ろに隠し、日本の国民性に合わせて我々も仮面でもかぶって同じように二重的に接近しよう。
    国と国の間では義理より実益だ。
     「元慰安婦女性53人ノーベル平和賞候補推薦案」の話を聞いた。実によい。そのような形で
    隠密に拡大していき、国際問題として公論化しよう。私たちの口では泰然と日本と対話し、他人の
    口を通じて慰安婦問題を国際問題として取り上げさせる。これが本当の外交だ。
    http://japanese.joins.com/article/923/199923.html

    【【サヨク速報】 韓国紙「本当の外交とはこういうものだ!」】の続きを読む

    編集先http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1430773812/



    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2015/05/05(火) 06:10:12.01 ID:???.net
    「外交問題は別」朴槿恵大統領が対日「歴史問題」と安保・経済切り離しを明言
    産経新聞 5月4日(月)19時29分配信

     【ソウル=藤本欣也】韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領は4日、大統領府で首席秘書官会議を開催し、
    韓国外交について「歴史問題に埋没せず、それはそれとして指摘していく」とした上で、「外交問題は別の
    観点に基づく明確な目標と方向を持って進めている」と強調した。

     対日政策では歴史・領土問題と安全保障・経済問題を切り離し、実利重視の現実路線で安保・経済問題に
    対応するという「2トラック戦略」の推進を朴大統領が正式に確認したものだ。

     韓国の外交当局は最近、日韓関係悪化の長期化によって国益が損なわれているとするメディアなどの批判に
    対し、「2トラック戦略に基づく対日外交を進めている」と釈明していた。

     尹炳世(ユン・ビョンセ)外相も4日、国会外交統一委員会で、安倍晋三首相訪米後の対日外交について
    「歴史(問題)は断固として対応するが、北朝鮮の核問題などでは戦略的利害を共有し、経済・文化(協力)は
    確実に強化するという2トラック戦略に変わりはない」と指摘した。

     韓国では、対日歴史問題で共闘していた中国の習近平国家主席が先日、安倍首相との首脳会談に応じたほか、
    オバマ米政権が訪米した安倍首相を予想以上に厚遇したことへの衝撃は大きく、与野党ともに「韓国外交の
    敗北」などと政府の責任を追及していた。

     朴大統領の発言は批判の沈静化を狙ったもので、今後、対日安保・経済協力は拡大する見通しだ。

     まずは、5月下旬にシンガポールで開かれるアジア安全保障会議の場で、日米両国が求めている日米韓防衛
    相会談が実現するか、また、どのような議論が行われるかが試金石となる。

     また朴政権が外交批判をかわすため、対北朝鮮政策で柔軟姿勢を示し、何らかの成果を得ようと模索するの
    では-との観測が外交関係者の間で浮上している。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150504-00000540-san-kr

    【【韓国】朴大統領が新たな対日戦略を確認「歴史問題は断固対応するが、日本との経済協力は確実に強化」】の続きを読む

    編集先(http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1428801419/



    1: 荒波φ ★@\(^o^)/ 2015/04/12(日) 10:16:59.30 ID:???.net
    筆者は数年前、国会で「日本は韓国との外交を工作のように行い、中国は歴史的な事実を無視している」と指摘したことがある。

    アラブ首長国連邦(UAE)やサウジアラビア、カタールなど中東の幾つかの国は、韓国で導入の是非をめぐって論議を呼んでいる
    「THAAD(米国の高高度ミサイルによる防衛システム)」を導入することを決定したか、現在検討している。

    イランの核開発に備えてのことだ。イランの核開発計画は北朝鮮より2-3年後れを取っている上、イランは核兵器開発の事実も否定している。

    一方、核保有国であることを憲法の前文にまで記述した北朝鮮と対峙(たいじ)している韓国は、
    中国の反対を意識し、THAADの導入をちゅうちょしている。

    中国がTHAADの導入に反対する理由は明らかだ。中国が「冷戦の残滓(ざんし)」という観点から、韓米同盟に揺さぶりをかけるためだ。
    だが、韓国をより苦しめているのは、日本が中国に劣らないほど、韓米同盟に揺さぶりをかけているという事実だ。

    昨年7月、日本の安倍晋三首相は
    「朝鮮半島の有事の際、在日米軍基地から米国の海兵隊が出動するためには、日本政府の了解を得なければならない」と述べた。

    日本の安全保障分野の専門家たちは
    「朝鮮半島の有事の際、米軍が日本国内の基地を使用するというのは、東京とソウルが入れ替わるのと同じだと主張している。

    韓半島(朝鮮半島)の有事の際、日本政府が在日米軍基地の使用を制限するというのは、韓国の背中に刀を突き付けるようなものだ。

    日本は韓国政府との協議を経ることなく、北朝鮮と随時対話しているが、安倍首相の発言が
    北朝鮮にどのようなメッセージとして伝わったのかを推測するのは難しいことではない。

    今年2月末には、100億ドル(約1兆1900億円)規模の韓日通貨スワップ協定が終了した。
    韓国が1997年のアジア通貨危機当時、国際通貨基金(IMF)から195億ドルの支援を受け、
    国家財政の破綻を免れた事実を思うと、これは決して軽く見ることではない。

    先月初め、日本の外務省はウェブサイトで、韓国について
    「わが国と自由や民主主義、市場経済などの基本的価値を共有する重要な隣国」という表現を削除したが、これは通常ではあり得ないことだ。

    韓米日3カ国の関係の基本は、自由民主主義と市場経済を共有する「価値観同盟」だ。
    韓国をその価値観同盟から除外し、米国に対し「今や韓国は中国側の国だ」と言及していることになる。

    だがこのような出来事は何も目新しいことではない。米国のある高官が語ったように、日本は韓半島の有事の際、韓国を助ける考えはさらさらないのだ。

    今韓国が選択すべき道は何だろうか。こんなときこそ韓国は、中国も日本も揺さぶりをかけている韓米同盟をより強固なものにしなければならない。
    米国も安倍首相の歴史観に対してははっきりと批判しているが、歴史問題と安全保障の問題は切り離している。

    いくら日本の歴史認識が誤っているからといっても、核武装している北朝鮮や中国の浮上に対する備えを軽視してはならないというのが米国の立場だ。

    日本はかつて中曽根康弘元首相が言及したように「米国の不沈空母」を自任している。日本にこれ以上ノーマークの機会を許すのはあってはならないことだ。
    安全保障の問題と歴史問題を切り離すのが難しいならば、少なくとも優先順位だけでも検討すべきだ。

    外交とは。相手国を愛し、結婚を目標として行うようなものではなく、国民の安全や生命を守るために行うものだ。
    外交の舞台では、悪魔と踊ることもためらってはならない。


    ※鄭夢準(チョン・モンジュン)元ハンナラ党代表
    444c5fd9

    2015/04/12 06:09
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/04/11/2015041100428.html
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/04/11/2015041100428_2.html

    【【朗報】米国高官「韓半島有事、日本は韓国を助ける考えはさらさらない」 日本政府伝達済みか?】の続きを読む

    このページのトップヘ