宇宙

    編集先http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1440588110/


    1: テキサスクローバーホールド(愛知県)@\(^o^)/ 2015/08/26(水) 20:21:50.82 ID:yFDxTjKO0●.net BE:896590257-PLT(21003) ポイント特典
    sssp://img.2ch.sc/ico/2-1.gif
    国立天文台など、太陽コロナが100万度Cに加熱される機構解明-磁場伝う波動が作用
    掲載日 2015年08月26日

    宇宙航空研究開発機構宇宙科学研究所の元研究員で現名古屋大学太陽地球環境研究所研究機関研究員の岡本丈典氏と国立天文台の
    パトリック・アントリン特任研究員らは、太陽表面上空の大気(コロナ)が加熱される機構の一端を明らかにした。太陽観測衛星の「ひので」と
    「IRIS(アイリス)」の観測で実現。太陽表面から出る磁力線上を波動が伝い、それが上下に振動して表面に生じる乱流などにより加熱される
    ことを見いだした。

    ひのでの観測で磁力線上を伝う波動が上下に振動することを捉えた。また、アイリスでは振動の最上点と最下点で奥行き方向の速度が最大
    になり、中央位置でゼロになることや波動の温度変化を観測。これらの結果をもとにスーパーコンピューター「アテルイ」で解析した結果、上
    下振動に伴い波動の表面に乱流が生じ、それによる摩擦熱などで加熱されることが分かった。

    太陽表面の温度が6000度Cであるのに対し、太陽大気コロナは100万度C超に上る。高温の理由は解明されていなかった。

    http://www.nikkan.co.jp/news/nkx0720150826eaab.html

    【【宇宙ヤヴァイ】太陽コロナが太陽中心部よりも高い100万度にもなる原因が判明】の続きを読む

    編集先http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1439889613/

    1: brown_cat ★ 2015/08/18(火) 18:20:13.00 ID:???*.net
    カナダ企業、「宇宙エレベーター」の特許取得
    2015年08月18日 13:22 発信地:オタワ/カナダ

    【8月18日 AFP】あるカナダ企業が、宇宙飛行士が軌道の途中まで乗っていけるほど高い、超高層タワーの建設を
    計画している。

     完成すれば、このタワーはアラブ首長国連邦(UAE)のドバイ(Dubai)にある、現在世界で最も高い超高層ビル
    「ブルジュ・ハリファ(Burj Khalifa、高さ830メートル)」の20倍の高さになるという。

    「宇宙エレベーター」は、ロシアの科学者コンスタンチン・ツィオルコフスキー(Konstantin Tsiolkovsky)が
    1895年にフランスの首都パリ(Paris)のエッフェル塔(the Eiffel Tower)を見て最初に着想。だが技術的な課題が
    ネックとなり、1世紀以上、概念的な段階にとどまっていた。

     カナダのオンタリオ(Ontario)州ペンブローク(Pembroke)に本拠を置く宇宙・防衛企業Thoth Technologyが
    先月、規模は小さいが格段に低コストの宇宙旅行を可能にする「宇宙エレベーター」で米国特許を取得した。

     同社は、高さ20キロのタワーを想定。与圧されたユニットを積み重ねて建設し、屋上に「物資や機器の打ち上げや
    観光、観測、科学的研究や通信」用のデッキを設置するとしている。

     物資や機器をエレベーターに載せて地球に近い宇宙空間まで運ぶことで大気抵抗はほぼなくなり、成層圏から
    宇宙に打ち上げれば燃料も少なくて済むという。同社は、宇宙飛行の費用を3分の1削減できるとみている。(c)AFP

    http://www.afpbb.com/articles/-/3057564

    カナダ企業Thoth Technologyが公表した、高さ20キロの「宇宙エレベーター」のデザイン画(2015年8月17日提供)。
    AFP/20km Space Tower/THOTHX.COM
    no title

    no title

    【【国際】カナダ企業、「宇宙エレベーター」の特許取得 (画像あり)】の続きを読む

    編集先http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1437895182/


    1: [Φ|(|´|Д|`|)|🌀] BBxed!! ボマイェ(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2015/07/26(日) 16:19:42.04 ID:kGRx7cXj0●.net BE:659060378-2BP(2000)
    sssp://img.2ch.sc/ico/jisakujien_5.gif
    画像
    no title

    2
    no title


    人類よりも何百万年も早くその段階に達していたら…

    あり得ないと思う人もいるでしょう…
    しかし彼らの技術は我々の文明の遥か上をいっていると
    考える方が理にかなっているのです。

    彼らを阻むものはありません…
    彼らの科学を持ってすれば、
    時空を歪めトンネルのような抜け道を作りだしているかも…
    そのトンネルを使って遠く離れた地点に
    ワープしているなんてことも可能でしょう。

    もし彼らが地球にやってくれば、
    コロンブスの新大陸発見と同じ結果を迎えるでしょう…
    そては、アメリカ先住民にとっては、不幸な出来事でした。

    地球外生命が人類に対して友好的であることを祈りましょう。

    (スティーブン・ホーキング)

    ソース NHK コズミックフロントで放送
    http://s.ameblo.jp/e-fh/entry-11160033765.html

    【宇宙人は人類より100万年も進んでいる ワープで地球に来ている NHKで放送】の続きを読む

    編集先http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1437701138/


    1: ムサシノ原人 ★ 2015/07/24(金) 10:25:38.52 ID:???*.net
    http://www.jiji.com/jc/zc?k=201507/2015072400109

     【ワシントン時事】地球から1400光年離れた宇宙で、これまで発見された中では、
    地球と太陽に大きさや位置関係などが最も似た惑星と恒星が見つかった。
    米航空宇宙局(NASA)が23日発表した。NASAの専門家は「地球のいとこ」と表現している。

    23日、米航空宇宙局(NASA)が公表した地球(左)と、大きさや恒星との位置関係が
    最も似た惑星(右)の想像図(AFP=時事)
    no title


     ケプラー宇宙望遠鏡で観測された惑星は、直径が地球の1.6倍で、恒星の周りを
    385日周期で回っている。位置関係も地球・太陽間の距離より5%遠いだけ。
    恒星は直径が太陽より10%大きく、温度は同程度だが、20%明るいという。

     惑星の組成などはまだ確認されていない。ただ、大きさから地球と同じ岩石質である公算は大きい。
    さらに、恒星との位置関係など地球に条件が近いため、生命の存在に必要な液体の水がある可能性もある。

     恒星は太陽より15億年古い「60億歳」とされる。ケプラー観測チームの専門家は「この惑星に
    全て必要な物質と条件があったなら、生命体が生まれるのに十分な時間といえる」と話している。
    (2015/07/24-07:50)

    【【宇宙】地球と太陽に大きさや位置関係などが最も似た惑星と恒星 1400光年離れた宇宙で発見】の続きを読む

    編集先http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1437195976/


    1: 野良ハムスター ★ 2015/07/18(土) 14:06:16.37 ID:???*.net
    小惑星「2011 UW-158」が日曜日、地球から240万kmの距離まで接近、通過する。
    この小惑星の大きさは500メートル程度であるが、質量1億トンのプラチナの核が
    存在していると考えられている。その価値は日本円で580兆円に相当する。
    小惑星通過の様子はカナリア諸島の天文台からインターネットで生中継される予定。

    no title

    http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-3165222/Asteroid-worth-3-TRILLION-precious-metals-set-pass-Earth-Sunday-watch-live.html

    【【宇宙】580兆円相当のプラチナでできた小惑星が地球に接近】の続きを読む

    編集先http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1437021254/


    1: cure happy ★ 2015/07/16(木) 13:34:14.08 ID:???*.net
    NASA=アメリカ航空宇宙局の探査機が冥王星に最接近した際に撮影した画像について、日本の専門家は、
    「冥王星では、地形の表面での地質学的な活動が最近まで起きていた可能性を示すもので、天文学者の予想を
    大きく覆す結果だ」と話しています。
    NASAが日本時間の16日朝に公開した、無人探査機「ニューホライズンズ」が7万7000キロの距離から冥王星
    を撮影した画像には、南側の地表の一部、数百キロ四方が詳しく映し出されています。
    画像には高さ3500メートルを超える山々や、なだらかな平原などがみられる一方、小さな天体が衝突した際に
    出来るクレーターはほとんど確認できません。

    これについて、国立天文台の渡部潤一教授は、「クレーターがあまり見られないので、3500メートルを超える
    山々や平原は、およそ46億年前に冥王星が誕生したときに出来たものではなく、冥王星では地形の表面での
    地質学的な活動が、最近まで起きていた可能性を示している」と指摘しています。
    そのうえで、「冥王星は、月よりも小さいため、地形の表面での活動は月と同じようにかなり以前に終わっていると
    考えられていたので、天文学者の予想を大きく覆す結果だ。冥王星の内部にどのようなエネルギー源があるのか、
    その理由を探ることが今後のポイントになる」と話しています。

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150716/k10010152731000.html

    【【宇宙】冥王星 最近まで地質学的活動の可能性】の続きを読む

    編集先http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1434148024/



    1: DQN ★ 2015/06/13(土) 07:27:04.15 ID:???*.net
    熱帯降雨観測衛星「TRMM」の想像図(NASA提供・共同)
    no title


     【ワシントン共同】米航空宇宙局(NASA)は11日、日米共同プロジェクトの熱帯降
    雨観測衛星「TRMM」が役目を終えて16日に大気圏に突入する見通しだと発表した。一
    部が燃え残って地表に到達する可能性があるが、人にぶつかる確率は4200分の1でかな
    り低いとしている。

     正確な落下地点や時刻は大気圏突入の直前にならないと特定できないが、TRMMは北緯
    35度から南緯35度にかけての上空を周回しているため、日本では四国や九州などの地域
    で落下リスクがある。

    東京新聞:http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2015061201001399.html

    【【日米降雨衛星】16日に四国や九州で落下リスク=人にぶつかる確率1/4200】の続きを読む

    このページのトップヘ