投資

    編集先http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1441550392/


    1: LingLing ★@\(^o^)/ 2015/09/06(日) 23:39:52.79 ID:???.net
    上海株暴落が中国人セレブ直撃 長者番付1位は1.5兆円の損失…バブルに踊って重いツケ
    2015.9.6 17:00

    中国の株式市場の暴落で、中国の大富豪や女優ら“セレブ”が巨額の損失を被ったと相次いで
    報じられている。不動産開発の大連万達集団(ワンダ・グループ)を率いる長者番付1位の王(ワン)
    健(ジェ)林(リン)会長(60)は、暴落が始まる直前の6月12日に比べ総資産の3割に当たる130億
    ドル(約1兆5700億円)を失ったという。電子商取引のアリババ・グループの創業者、ジャック・マー
    会長(50)は8月24日の1日だけで5億5000万ドル(約660億円)が消えた。投資家としても知られ
    る人気女優のヴィッキー・チャオさん(39)らも大損しており、バブルに踊った過熱投資のツケの大きさ
    を浮き彫りにしている。

    ■資産の3割に相当

    中国の上海株式市場では週明けの8月、代表的な指数である総合指数が前週末比8.49%安と、
    約8年6カ月ぶりの下落幅を記録。一連の暴落が始まる前の6月12日に比べると、約38%もの暴落
    となった。

    王氏が所有するワンダ・グループの企業の株価も軒並み急落。米CNNテレビ(電子版)によると、
    グループを支える不動産部門の大連万達商業地産の株価は6月12日に比べ38%下落し、王氏の
    資産はこれだけで約90億ドル分が消し飛んだ。映画館チェーンのワンダシネマライン(万達電影院
    線)は36%下落し42億ドル、ワンダホテル開発(万達酒店発展)は49%下落し6000万ドルの損失
    が出た。

    また、米経済通信社ブルームバーグが算出している億万長者指数によると、8月24日の暴落だけ
    で、王氏は損失全体の3分の1に当たる36億ドルを失ったという。

    四川省生まれで人民解放軍出身の王氏は、1993年にワンダのCEO(最高経営責任者)に就任。
    不動産投資と欧米の優良企業の買収で資産を増やした。推定資産は426億ドルに上り、今年の
    中国の長者番付「胡(こ)潤(じゅん)百富」で1位となった。中国だけでなくアジア全体でも最大の
    大富豪といわれているが、3割もの資産を失い、番付を下げるのは必至だ。

    さらにブルームバークが算出している億万長者指数によると、アリババ・グループのジャック・マー会長
    も24日だけで、5億5000万ドルの資産を失った。

    ■「成長率幻想捨てる」

    マー会長の巻き添えを食う形になったのが、米国の著名投資家になぞらえ“中国の女ウォーレン
    ・バフェット”の異名を持つ人気女優のチャオさんだ。中国国営の新華社通信などによると、7月上
    旬時点で保有株の価値が40億元(約756億円)も目減りしたという。チャオさんは昨年12月にアリ
    ババ傘下の映画会社アリババ・ピクチャーズ・グループに投資するなどマー会長と盟友関係にある。
    この株は、今年4月に2倍に跳ね上がったが、6月以降は急落。現時点の損失はさらに拡大して
    いるとみられる。

    米ネットメディアによると、このほか、人気女優、チャン・ツィイーさん(36)も7月上旬時点で4億7000
    万元、ファン・ビンビンさん(33)は8月24、25日の2日間で2500万元の損失が出たとされる。

    香港メディアによると、突出した損失を被ったワンダの王氏は27日の香港での記者会見で、自戒を
    込めてこう語った。

    「中国が年率7~8%という高い成長率を維持するという幻想は捨てるべきだ」(SANKEI EXPRESS)

    http://www.sankei.com/premium/news/150906/prm1509060026-n1.html

    【【経済】 上海株暴落が中国人セレブ直撃 長者番付1位は1.5兆円の損失…バブルに踊って重いツケ[09/06]】の続きを読む

    編集先http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1437629534/


    1: 海江田三郎 ★ 2015/07/23(木) 14:32:14.93 ID:???.net
    http://www.news-postseven.com/archives/20150723_336836.html

    株式投資で退職金2000万円をわずか6年で100倍の20億円に! にわかには信じ難い莫大な成果を手にしたのが、
    ネット上で「今亀庵(いまかめあん)」のハンドルネームで知られる65歳の男性投資家だ。
     まずは、その戦績をざっと振り返っておこう。リーマン・ショックに見舞われた2008年末に早期退職した今亀庵氏は、
    3000万円の退職金のうち2000万円を株式投資に回した。
    「退職金に年金もあるが、60歳から85歳まで生きるとして、25年間それだけでやっていくのは不安がありました」
     老後資金を確保するためとはいえ、虎の子の退職金を投じることを「家族にはまったく相談しないまま」の思い切った決断だった。

    「リーマン・ショックは100年に一度の危機といわれましたが、裏を返せば、これ以上は悪くならない。
    私にとっては、まとまった資金を元手にありえない安値で株を買える“100年に一度のチャンス”でした」
     2009年初めに目をつけたのが、J-REIT(不動産投資信託)だった。当時は価格が暴落していたことで
    「利回りが年率20%とか40%の銘柄がゴロゴロしていた」という。
     その後の価格上昇で2010年半ばには元手を10倍の2億円に増やし、さらに2012年末からのアベノミクス相場の波に乗り、
    株投資も始めた。自己資金の約3.3倍の取引が可能となる信用取引も駆使して数十銘柄に投資するなか、
    中堅ノンバンクのJトラストの株価が3年間で20倍に膨らんだのを筆頭に大当たりが続いた。

     そして日経平均株価が一時2万円をつけた今年4月、ついに資産は100倍増となる20億円に達したのだ。
     現在はその約半分を100銘柄ほどに投資し、残りを現金化。東京・港区に自宅用土地と投資用物件を購入した。

     何ともうらやましい限りだが、同氏の投資哲学は昔から変わっていない。
    「学生時代に数十冊の投資の本を読み漁り、統計学的に小型成長株に長期投資すれば
    儲かることがわかりました。時価総額の大きい大型株だと、どうしても20%、30%といった大きな成長は望めないし、
    株価も大きくは動かない。成長率の高い小型株を3~5年持てば勝てる確率が高まる」

     チャートだけを眺めて短期売買を繰り返すデイトレーダーとは一線を画す。
    相場の大きな波を読み、じっくりと持ち続けたからこそ得られた結果だというのだ。

    【【マネー】65歳の個人投資家 退職金の2000万円を6年で20億円に増やす】の続きを読む

    このページのトップヘ