日本

    編集先http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1440284498/


    1: 河津掛け(catv?)@\(^o^)/ 2015/08/23(日) 08:01:38.24 ID:ejYQ9D6O0.net BE:698254606-PLT(13121) ポイント特典
    sssp://img.2ch.sc/ico/imanouchi_2.gif
    談話は、アジア諸国と国内のナショナリストからの敵対的な反応を和らげるという意味で上出来だった。
    さらに、歴代の日本の首相が行ったどの謝罪よりも意味深く、誠実なものであった。

    いくつか談話の中で気づいたことを指摘したい。

    まず、日露戦争における日本の勝利が植民地支配のもとにあったアジア諸国を勇気づけたとの指摘は、
    正しい。だが、その後の歴史を見れば、古い支配者が新しい支配者に置き換わっただけだった。それでも、
    安倍氏の指摘は、国内のナショナリストを喜ばせるという意味で意義があるものだ。

    次いで、安倍氏が戦争とは何ら関わりのない、子や孫、その先の世代の子供たちに謝罪を続ける宿命を
    背負わせてはならないと発言したくだりには、全面的に賛成する。

    さらに言うならば、謝罪を求め続ければ、日本の若者たちは罪の意識を植え付けられていると憤慨し始める
    だろう。それは、中国やほかのアジアの国々にとってまったく逆効果を招くことになりかねない。この傾向は、
    同じ敗戦国のドイツでも見受けられる。

    http://www.sankei.com/world/news/150822/wor1508220032-n1.html

    【【サヨ悲報】英歴史家「日露戦争勝利がアジア諸国を勇気づけた、は正しい」】の続きを読む

    編集先http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1439910224/


    1: ハーフネルソンスープレックス(宮城県)@\(^o^)/ 2015/08/19(水) 00:03:44.24 ID:nb8+lRpj0●.net BE:601381941-PLT(13121) ポイント特典
    sssp://img.2ch.sc/ico/anime_kuma01.gif
    平和共存の道を探らねば 戦後70年 日米同盟と中国

    http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/opinion/editorial/2-0028290.html

    戦後日本の外交・安全保障政策が、重大な転機を迎えている。
    安倍晋三首相は、新たな安保法制で日米同盟を強化し、中国と対峙(たいじ)する道を選ぼうとしている。
    中国の脅威をことさらに強調し、まるで「仮想敵国」と位置づけるかのような姿勢だ。

    だが、経済を含め各国の思惑が交錯する現代の国際社会の中で、首相が描く単純な図式が通用するだろうか。
    中国と隣り合う日本にとって、緊張をいたずらに高めることが最善の道であるはずがない。
    戦後70年の節目に、日本はその立ち位置を見直し、平和主義に基づく独自の外交を確立すべきだ。

    ■相互依存強める米中

    首相は戦後70年談話を発表した記者会見で、中国と「友好関係を発展させたい」と述べた。だが安全保障関連法案の
    審議では、中国の海洋進出を非難し続けている。日本が中国の脅威から身を守るには米国との同盟強化しかない。
    そのためには新たな安保法制の整備が不可欠―という論理だ。

    しかし「日米」対「中国」という硬直した見方でいいのか。外務省は毎年、米調査機関に依頼し、米国民がどの国を
    「アジアにおける最も重要なパートナー」とみているか世論調査している。有識者対象の調査では2010年から13年まで、
    中国を「最も重要」とする回答が首位を占めた。その背景には、経済面での米中の強固な結びつきがある。

    米中間の貿易額は13年に5千億ドルを突破した。米国にとって中国は現在、カナダに次いで第2の貿易相手国だ。
    輸入額、輸出額とも日本を大きく上回っている。
    米国の本音は、経済面では中国と良好な関係を維持しつつ、軍事面での台頭を抑え込むことにあるだろう。
    安倍政権は、そうした中国抑止の役割を担おうとしている。

    しかし中国は日本にとっても最大の貿易相手国だ。関係がこじれることになれば結果は明らかだ。
    首相の示す方向が、日本の国益に資するとは到底思えない。
    政府は、米中関係と日米同盟の実相を見つめ直さねばならない。

    【北海道社説:まるで中国が仮想敵国―日米同盟強化で中国と対峙 米国から離れて平和的な解決策を探れ】の続きを読む

    編集先http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1439981648/


    1: ◆sRJYpneS5Y 2015/08/19(水)19:54:08 ID:???
    専門家も驚いた台湾“厚遇”の背景 日米台による中国包囲網への布石か (1/2ページ)
    2015.08.18

    (略)

      日台関係の進展を図る有識者の団体「日本李登輝友の会」の柚原正敬事務局長は
    「安倍政権に、中国への牽制という狙いがあるのは間違いない。
    安倍首相は、第2次政権発足以降、台湾を『同じ価値観を共有する国々』に含めた言及を増やしている。
    台湾と緊密に連携し、海洋進出を強める中国への包囲網を構築しようとしているのだろう」と分析する。

     安倍政権のこうした方向性は、米国の姿勢とも連動しているようだ。

     前出の藤井氏は「米国は最近、台湾への扱いを明らかに変えてきている」と指摘し、続ける。

     「5月末から6月にかけて訪米した台湾・民主進歩党の総統選候補者、蔡英文主席は、
    閣僚級と会談するなどの厚遇を受けた。米国は、南シナ海問題などをめぐって緊張が高まる中国を牽制するため、
    『台湾カード』を切り始めている。安倍首相は、米国と平仄(ひょうそく)を合わせた動きをしている」

     日米台の連携強化によって、中国は東アジアで孤立を深めることになるのか。

    全文 ZAKZAK
    http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20150818/plt1508181830003-n1.htm
    http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20150818/plt1508181830003-n2.htm

    ◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 26◆◆◆
    http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1439274133/606

    【【政治】専門家も驚いた台湾“厚遇”の背景 日米台による中国包囲網への布石か】の続きを読む

    編集先http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1438864692/


    1: ひろし ★ 2015/08/06(木) 21:38:12.50 ID:???*.net
    調査会社Populusによる民意調査で、約6割の日本人が「米国は広島と長崎での原爆投下について
    日本に謝罪するべきだ」と考えていることが分かった。ロシアのニュースサイト、スプートニクの6日付の報道として、中国・環球網が同日伝えた。

    報道によると、調査では原爆投下で「米国は日本に謝罪するべきだ」と考えている日本人の割合が61%に上り、
    「謝罪するべきではない」と答えた日本人は11%にとどまった。
    「謝罪するべき」と答えた人は多くが高齢者で、18~24歳の若者では4割の人が「分からない」とした。

    調査は今年7月29日から8月2日、日本人1004人を対象に実施した。

    (編集翻訳 恩田有紀)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150806-00000059-xinhua-cn

    【【国際】日本人の6割「原爆投下で米国は謝罪するべき」―調査】の続きを読む

    編集先http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1437933669/


    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/27(月) 03:01:09.925 ID:B2AHpCvO0.net
    他人様の国の人間の命は犠牲にして
    自分たちは安全な場所で平和を享受する


    こんなの誇ってもいいことなのか?むしろ恥だと思うんだけど

    【「日本は戦後、戦争による一人の犠牲者も出していない。これは誇ってもいい歴史だ」←そうか?】の続きを読む

    編集先http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1437848538/



    1: レインメーカー(dion軍)@\(^o^)/ 2015/07/26(日) 03:22:18.14 ID:+RX71vtM0.net BE:228348493-PLT(16000) ポイント特典
    sssp://img.2ch.sc/ico/nida.gif
    数十年もの間、フィナンシャル・タイムズは日本経済に良い言葉を使うことはなかった。
    そんな彼らが、親会社のピアソンによって東京本社の日本経済新聞社に売られるとは、なんという皮肉だろう。(以下略)

    The guardian - After the Financial Times buyout, let’s stop belittling Japan’s success
    http://www.theguardian.com/commentisfree/2015/jul/24/financial-times-buyout-japan-success

    日本の豊かさはどこにでも見られる 東京・秋葉原
    no title

    【英国メディア「日本の成功を卑下するのはやめよう 製造業・平均寿命・超高層ビル数、全て日本が上」】の続きを読む

    このページのトップヘ